スタジアム集客に繋がる実証事業案を大募集!

サンガスタジアム by KYOCERA ・イノベーション・フィールド実証事業

亀岡市×サンガスタジアム by KYOCERA

皆さまの実証事業を全力でサポートします。
採択事業者は、サンガスタジアムby KYOCERAの
様々な施設・設備の活用、また最大150万円の補助金の活用、
各種調整支援等を受けることが可能です。

8月20日(金)正午をもって
募集を終了しました。
今後のエントリーは受け付けません。

事業概要

亀岡市の想いと、
企業の皆さまへのメッセージ

亀岡市は、令和3年度より
「サンガスタジアムby KYOCERA・イノベーション・フィールド実証事業」を開始します。
本事業では、亀岡市全体の経済活性化、知名度向上、交流人口・移住定住人口の増加に
繋げていくことを中長期的なゴールとして見据えた事業です。
今年度は、全国のベンチャー企業等(第二創業、大企業の新規事業も含む)から、
市内の「サンガスタジアムby KYOCERA」の集客力向上・集客機会増加に繋がる
実証事業案を募集し、その実施に向けた支援を行います。

市内スタジアムを最大限活用し、亀岡市のさらなる活性化に向けて、
新しい取り組みにチャレンジしてくれる企業をお待ちしています。

募集テーマ

本事業の目的を達成するため、
募集テーマを4つ設定します。

  • こどもから高齢者まで楽しめる
    スタジアムの活用

  • スタジアムの利用者の満足度向上
    (利用体験向上・アクセス改善等)

  • スタジアムを核とした
    地域コミュニティ創出

  • その他、スタジアムの集客力向上・
    集客機会の増加、賑わいの創出

事業詳細はこちら

亀岡市長からのコメント

亀岡市は、嵯峨嵐山駅から電車で約10分と、京都や大阪など都市圏へのアクセスが良く利便性が高い地域でありながら、豊かな自然に恵まれた地域です。 さらに最先端施設である「サンガスタジアムbyKYOCERA」が亀岡駅北口すぐにオープンし、そのスタジアムを地域活性化の拠点として位置づけた「にぎわいのあるまちづくり」に市を挙げて取り組んでおります。 今回実施する本事業では、亀岡市と共に地域の魅力を向上することができる、柔軟な発想を期待しています。 「人と時代に選ばれる リーディングシティ亀岡」として、私たちが皆さまをサポートしますので、ぜひこの亀岡でイノベーションを創発するプロジェクトに挑戦してください!

What is Kameoka City?

亀岡市とは

亀岡市は、京都市と大阪府に隣接していて、都会の利便性もあり、古くからの農村風景など田舎の良さも残っている『トカイナカ』です。 近年は都市部へのアクセスの良さや、自然環境の豊かさにより、「住まいのまち」として発展していきました。

亀岡市では、関西初の「生涯学習都市」の宣言や、日本初のセーフコミュニティの国際認証を取得、さらに、令和2年度には、SDGs達成 に向けて取り組む自治体として「SDGs未来都市」に選定されるなど、人に選ばれるまちを目指し、他自治体に先駆けて、新しいまちづくりにチャレンジしています。

亀岡市は、これからも、まちづくりのあらゆる分野で次の時代をリードする「リーディングシティ」を目指します。

サンガスタジアム by KYOCERAとは

サンガスタジアムby KYOCERAとは、2020年1月に誕生した令和初の球技専用複合型スタジアムです。 サッカー、ラグビー、アメフトなどの球技専用フィールドで、サッカーやラグビーなどの国際試合の開催も可能です。

スタジアムの特徴として、観客席より2m張り出した屋根で全席が覆われていること、ピッチとスタンドはわずか1.2mの高低差で、最前列からピッチまでは最短7.5mと臨場感溢れる観戦環境であること、VIPラウンジ等を設け、充実したファーストクラスゾーンも提供していること等が挙げられます。

また、スタジアムでは最先端テクノロジーの活用にも取り組んでおり、5G環境の完備や、ピッチを囲む24台のカメラで試合を撮影し、リアルタイムに分析できる国内初の自由視点サービスの導入も行っています。

加えて、今年3月には、「eスポーツ施設」「VR/フィットネス」「コワーキングエリア」も完成し、これからも、最先端テクノロジーを活用したスポーツや健康づくり、人財育成の拠点として進化していきます。

施設には、他にも「スポーツクライミング」「フードコート」「足湯」「保育園」「ドローンサッカー」などを併設し、地域の賑わい創出に取り組んでいます。

サンガスタジアム by KYOCERAの
ホームページはこちら

サンガスタジアム by KYOCERA

合同会社ビバ&サンガからの
コメント

私たちビバ&サンガのミッションは、サンガスタジアム by KYOCERAを最大限に活用し、21世紀の地方創生モデルを創出することです。そのために、私たちが考えるコンセプトは、サンガスタジアムを「スポーツを通じた人財育成とイノベーションの拠点」とすることです。

サンガスタジアムは自然豊かな京都・亀岡の地に所在する一方で、最新のテクノロジーを積極的に取り入れたスマートスタジアムを目指しています。「自然とテクノロジー」という対極を合わせ持つサンガスタジアムこそ、これからの時代に必要な人財やイノベーションを生み出す最適な環境であると考えています。多くのイノベーターの皆様との共創を楽しみにしております。

代表社員 株式会社ビバ 職務執行者小森敏史

お問い合わせ

応募に際して、ご質問等ございましたら、
以下お問合せ先までご連絡ください。

サンガスタジアム・イノベーション・フィールド実証事業運営事務局(村川・高野)

kameoka_sif2021@tohmatsu.co.jp