採択企業インタビュー

株式会社ユーフォリア

従業員の健康増進・生産性向上などの”ウェルビーイング実現”を叶える
「サンガスタジアムワーケーション事業」の開発プロジェクト

実証事業に参加したきっかけを教えてください
ちょうど自社の新しいサービスとしてワーケーションを検討していました。
サンガスタジアムは、ワーケーションの実証の場としてぴったりだと考え、応募しました。
本事業でどのような実証を行ったのか教えてください
スタジアムでのワーケーションが「ウェルビーイング」と「労働パフォーマンス」を高めることができるのか、アスリートのコンディション可視化ツール「ONE TAP SPORTS」を使って実証しました。ワーケーション体験者のアンケート結果からは、ウェルビーイング向上に資する「自由を感じられる」等の効果があることが分かりました。一方、労働生産性の向上を測ることは難しかったです。
亀岡市で実証して良かった点を教えてください
補助金を利用することができたので、新しいことにチャレンジするハードルが下がりました。
また、亀岡市様に定期的にフォローいただけたことで、実証事業の関係者との調整をとてもスムーズに進めることができました。
今後、どのように実証事業を展開していくのか教えてください
自社の判断で、現状、ワーケーションに注力することが難しいという判断に至りました。ただ、今後、ニーズが高まれば改めて取り組みたいと考えています。

亀岡市担当職員

今回新規事業という新たなチャレンジへの挑戦を応援することができ光栄です。
また、ワーケーションの効果を可視化することにより、今後のサンガスタジアムbyKYOCERAにおけるワーケーション事業の可能性を感じられる実証だったのではないかと思います。
これからも多様なジャンルでONE TAP SPORTSが展開されることを楽しみにしています。

実証事業の様子

採択企業一覧に戻る

お問い合わせ

応募に際して、ご質問等ございましたら、
以下お問合せ先までご連絡ください。

サンガスタジアム・イノベーション・フィールド実証事業運営事務局(村川・畠田)

kameoka_sif2022@tohmatsu.co.jp