採択企業インタビュー

株式会社RedDotDroneJAPAN

レベル3・4運用に向けた
ドローンパイロット育成事業

実証事業に参加したきっかけを教えてください
ウェブ上で本事業の告知を見て応募しました。
もともと亀岡市でドローンの実験をしていたので、スタジアムのことは知っていました。
スタジアムで新しい取組ができれば、プロモーションの観点でも良いなと思いました。
本事業でどのような実証を行ったのか教えてください
今後のドローン業界で増えてくるレベル3,4の運用を見据えたドローンの遠隔操作を教えるドローンパイロット育成事業を提案しました。
ドローンスクール事業を行なっている協力会社と連携し、新たな操縦方法である遠隔操縦の教習事業を進め、体験イベントを通じて関係者に操作してもらいました。
亀岡市で実証して良かった点を教えてください
スタジアムはWi-Fiや5Gなどのネットワーク環境が整っており、また飛ばす場所としてのフィールドや、パイロットが操作する場所としてeスポーツゾーン等があるため、遠隔ドローン操縦事業を行うには適した場所でした。また、この事業を通じて亀岡市やスタジアムだけでなく、京都府内の企業や京都先端科学大学等、様々な関係者と繋がることができたことも良かったです。
今後、どのように実証事業を展開していくのか教えてください
今期はドローンの遠隔操縦を行うことのできるパイロットの育成に向けて、ドローンを扱う関係企業の方を対象に遠隔操縦の体験会を行いました。来期は一般の方でも遠隔操縦できるような取組みを行ってみたいと考えています。一般の方に向けたプログラムでは、観光の要素も取り入れてみたいです。

亀岡市担当職員

サンガスタジアムbyKYOCERAでのスクール事業の可能性を見出していただけたことを嬉しく思います。
ドローン遠隔操縦に関する知見も深くとても前向きに取り組まれており、実証事業に取り組む中で大学を含む関係者との連携も深めていただきました。
今後もスタジアムのみならず、共に亀岡をドローンで盛り上げていただけますと幸いです!

実証事業の様子

採択企業一覧に戻る

お問い合わせ

応募に際して、ご質問等ございましたら、
以下お問合せ先までご連絡ください。

サンガスタジアム・イノベーション・フィールド実証事業運営事務局(村川・畠田)

kameoka_sif2022@tohmatsu.co.jp